プロカメラマンが愛用するおすすめおしゃれカメラバックランキングTOP3




カッコよくて軽い実用的なカメラバックランキング

カメラにはまりはじめると欲しくなるのがカメラバック!でもなかなかカッコよくて使い勝手のいいカメラバックって見つからないんですよね。大体デザインが微妙でカメラが取り出しづらくてあんまり内容量が多くないものしか見つからなかったりするんです(;´Д`)きょうは僕が選んだ使いやすくてカッコイイおすすめのカメラバックを3つ紹介しちゃいます!

カメラバック選びのポイント

カメラバックを選ぶときのポイントは3つあります。

  1. 機材をどの程度いれるか(収納性)
  2. 動きやすくカメラが取り出しやすいか(利便性)
  3. 肩や腰が痛くならないか(継続性)

機材をどの程度いれるか(収納性)

まず何を撮りに行くかによって持っていくカメラやレンズは変わってきますよね。運動会を撮っていくために大きめのレンズや三脚を持っていく場合と、近くの公園に小さめのカメラとレンズを持っていく時とでは持っていくバックも違ってくるじゃないですか。沢山カメラが入る方がいい人は、多少値段がはってもこれから紹介するような本格的なカメラバックを買って満足行く撮影に望むのがおすすめです。

動きやすく軽くカメラが取り出しやすいか(利便性)

2つ目は利便性、言い換えれば機動力と使いやすさです。カメラマンにとってカメラバックは使いやすく動きやすいものでなければなりません。撮りたい時にカメラを取り出しづらくてシャッターチャンスを逃した!!!なんてことがあったら笑うに笑えないですよね(;´Д`)

肩や腰が痛くならないか(継続性)

重たい機材を多く持ち歩く分、カメラバックは作りがしっかりしていて身体にフィットする腰・肩・首を痛めづらいタイプのバックを使うのが良いですよ。そうでないとカメラより先に自分の体が壊れてしまいます(;´Д`)平均して僕の周りのカメラマンでも3万円前後のカメラバックを使っていますし、年とともにカメラの重さが腰に来るので投資と思ってカメラバックは負担を分散するパッドがしっかり入っているものを選びましょう。

では以上を踏まえておすすめのカメラバックを紹介します!

おすすめのカメラバック

 

3位 CHROE NIKO PACK【軽い・おしゃれ・かっこいい】

とにかくデザイがカッコイイカメラバックです。上のカバーがガバッと空いてレンズ付きカメラが一台収納できる他、下の段にもポケットが沢山ついていて収納しやすい作りになっています。ベルトを使えば三脚も結び付けられるので、カッコよくも容量を多めに取りたい人におすすめのカメラバックです。

2位 Thule Covert DSLR Backpack【軽い・しっかり・かっこいい】

こちらも人気のカメラバックですね。写真下部に映っているカメラ横のファスナーを空けるとレンズが収納できる感じになっていますし、ベルトを緩めれば三脚を横にして挟めるようなこうぞうになっています。ベルトがいくつもついていて、容量が少ないときはバックがコンパクトになり、多いときはベルトを緩めて拡張することができるのがポイントなおすすめカメラバックですね。

1位 Incase DSLR Pro Pack【軽い・大容量・かっこいい】

これば僕が今実際に使っているカメラバックです。背中側のファスナーがガバッと完全オープンに開くことができて、ボディ2台、カメラレンズ3本(24-70mm・70-200mm・単焦点1本)、Mac book Pro 13インチ、iPadミニがすっぽり入る大容量モデルなんですがとってもシンプルでスタイリッシュなおすすめカメラバックです。それもそのはず、あの有名なApple社が公認した唯一のカメラバックブランドなんだとか。三脚を結ぶベルトを別に変えばポケットを使って結びつけることもできますし、とにかく多くの機材を持ち歩くけどカッコよくて疲れないカメラバックがほしいという人にはおすすめのカメラバックです\(^o^)/

いかがでしたでしょうか?長く使うバックだからこそ、疲れなくてカッコイイ沢山機材の入るカメラバックを買えるといいですよね。ぜひいろいろ試して素敵なカメラライフをエンジョイしてくださいね!ご質問などあればコメントかコンタクトよりメッセージくださいね^^




\\ 初月無料キャンぺーン中 //

初月無料。一月あたりコーヒー1杯分の500円ですべてのバックナンバーを購読できます(100人に到達したら過去のバックナンバーは有料化予定)。

こんなことが書いてあります

  • フリーランスとして生き残る戦略
  • お金の稼ぎ方と資産運用
  • 働き方の違和感を解決する方法

ABOUTこの記事をかいた人

Yukiya Coo そのだゆきや

Photographer in Kyoto and Tokyo. Also work as licensed translator tour guide and weather forecaster. 海外のフォトエージェントとプロ契約し、東京と京都を中心に20以上の国と地域のクライアントを撮影中。ローカルやコミュニティの撮影・PR支援が専門分野 / 気象予報士 / 通訳案内士 / 1991年生まれ / 筑波大学地球学類卒業 /
About me