【保存版】はじめての写真展示!スチレンボード・ハレパネで簡単格安写真展するおすすめ方法




ども、コミュニティフォトグラファーの其田有輝也 / そのだゆきや(@haletoke)です(1000人に読まれた複業・兼業秘話はこちら、Profileはこちら)。

カメラライフも楽しくなってきたし、ちょっと写真展に出てみようかな。でも写真ってどうやってかざるんだろう?きょうは簡単お安く写真を仕上げるおすすめの方法をご紹介します!

その前に・・・・写真はどのくらいのサイズがいいの?

写真をプリントする時にどれくらいの写真サイズがいいか迷いますよね。写真の表現の仕方にもよるので一概には言えないのですが、最低でもA3サイズはほしいところですね。そうでないと遠くから見た時に写真自体の魅力が伝わりづらいのではないかと思います。こんかいはA3サイズでプリントした写真を額装することを想定してご紹介していきます!

はじめての写真展入門!アクリルパネルやスチレンボード(ハレパネ)で簡単お安く額装するおすすめの方法

おすすめの写真展示方法をご紹介していきます!

  • 透明感のある写真展示にはアクリルパネルがおすすめ
  • お安く手軽に写真展示するにはスチレンボード(ハレパネ)がおすすめ
  • たくさん写真展示するならハレパネお徳用スチレンボード
  • ハレパネカット用のおすすめカッター
  • 長めの定規でハレパネをカット
  • 写真展でハレパネ・スチレンボードを使うときは反リ防止の裏打ちシートが必須

 

透明感のある写真展示にはアクリルパネルがおすすめ

はじめての写真展でガッツリ額装するとお金ばっかりかかってしょうが無いので、無理の範囲で高級感だすのがポイントです。特に風景写真を飾るのにちょっと透明感を出したい!なんてときはアクリルパネルがおすすめ。業者さんに頼むと結構な値段するのですが、ナカバヤシのアクリルフォトフレームを使うとお安くできますよ。壁に刺すフックを買えばワイワーを使わなくても壁に掛けられますし、ピクチャーレールと呼ばれる展示用のワイヤーがあるところでもキレイに飾ることができます。A3ノビサイズはちょっと大きいのでB3サイズの額で飾るとスッキリします。

ピンはクリアタイプのこちらを使うとスッキリ飾れます。

お安く手軽に写真展示するにはスチレンボード(ハレパネ)がおすすめ

ピクチャーレールや釘打ちが現金のときはこちらのハレパネがおすすめ。のり付きスチレンボード通称ハレパネ(はれるぱねる)ともいいます。こちらは簡単で割とお安く展示できちゃうのでおすすめです。厚みは絶対に7mmがいいですよ。5mmだと薄っぺらくて写真がチープに見えてしまうのと、照明の熱や乾燥・湿気の影響を受けてすぐ反り返ってきちゃうんですよね。サイズは自分で切って合わせる必要があるので、カッターや定規、裏面に傷がつかないようにゴムシートも一緒に買っておきましょう。

ハレパネは軽くて安くて写真展示入門にピッタリ

たくさん写真展示するならハレパネお徳用スチレンボード

まとめて買う人はお徳用のこちらが良いですね。

カッターはプロシリーズのこれ。刃が鋭角でスイスイ切れて使いやすいです。

写真展示はカットが肝、長めの定規でハレパネをカット

定規は長めのものを買いましょう。30cm物差しとかだと定規をずらす時に曲がります(;´Д`)おすすめはシンワ測定さんの60cm物差し

展示用写真にはカッティングマットも必須

下に引く工作シートはちょっと大きめA3サイズのこれがおすすめ。大きめのやつを買っておいたほうが無難です。そうしないとパネル着る最後の所でパネルがなくなって「あああああああああッ床削ってもうた(;´Д`)」となりますゆえ。

写真展示のときは引っ付き虫でハレパネを固定(再利用可能)

ハレパネは比較的軽いので引っ付き虫と呼ばれる練り消しゴムみたいな粘土を使うといいですよ。壁に穴を開ける心配もないですし、繰り返し使えるのでおすすめです。意外と粘着力が強くて、漆喰や壁紙が弱いと剥がす時に一緒にベリッと言ってしまうことがあるので、はがすときは注意してください。

写真展でハレパネ・スチレンボードを使うときは反リ防止の裏打ちシートが必須

そうそう、ハレパネって発泡スチロールのボードなので展示している内にライティングの熱や空気中の湿気で沿ってきちゃうんですよね。それを防ぐために、少し値段は張りますが反りを防止する裏打ちシート(バックシートともいいます)を貼り付けましょう。これをするかしないかで写真の反りやたわみぐわいがまったく違ってきますのでハレパネで写真展をするならマストのアイテムです。

いかがでしたか?業者さんに頼むとめちゃお金がかかっちゃうんですけど、自分でやると意外と簡単にできちゃうんですよね。ご質問などあればコメントやコンタクトからご連絡下さい!




\\ 初月無料キャンぺーン中 //

初月無料。一月あたりコーヒー1杯分の500円ですべてのバックナンバーを購読できます(100人に到達したら過去のバックナンバーは有料化予定)。

こんなことが書いてあります

  • フリーランスとして生き残る戦略
  • お金の稼ぎ方と資産運用
  • 働き方の違和感を解決する方法

ABOUTこの記事をかいた人

Yukiya Coo そのだゆきや

Photographer in Kyoto and Tokyo. Also work as licensed translator tour guide and weather forecaster. 海外のフォトエージェントとプロ契約し、東京と京都を中心に20以上の国と地域のクライアントを撮影中。ローカルやコミュニティの撮影・PR支援が専門分野 / 気象予報士 / 通訳案内士 / 1991年生まれ / 筑波大学地球学類卒業 /
About me