【保存版】葵祭・祇園祭・時代祭!京都三大祭おすすめ穴場スポットの探し方・見つけ方




ども、コミュニティフォトグラファーの其田有輝也 / そのだゆきや(@haletoke)です(1000人に読まれた複業・兼業秘話はこちら、Profileはこちら)。

京都三大祭といえば「葵祭・祇園祭・時代祭」ですね。今回は京都在住カメラマンがオススメするおすすめ穴場スポットの探し方・見つけ方をご紹介します!

葵祭・祇園祭・時代祭おすすめ穴場スポットの探し方・見つけ方

京都のお祭りでおすすめの穴場を探すにはどんな方法が効果的だと思いますか?

おすすめ穴場スポットの見つけ方

  1. カメラガチ勢を探す
  2. 朝から陣取っている人を探す
  3. 警察官や地元の人に聞く

穴場スポットは「カメラガチ勢」を探す

  • 大きくて高そうなカメラ・レンズを持っている人
  • ごつい三脚を持っている人
  • 脚立を持っている人

穴場スポットは「朝から陣取っている人」を探す

  • 早い時間なのにやたら新聞紙やダンボールで陣取ってあるところ
  • ビニール紐などで囲ってあるところ

穴場スポットは「地元の人や交通整理の警察官」に聞く

  • パトロールしている警察官に聞く
  • 交通整理している警察官に聞く
  • 近所の話好きそうなおばあちゃん・おじいちゃんに聞く

穴場スポット撮影に必須!カメラマンにおすすめグッズまとめ

つづいて穴場スポットの撮影に欠かせないおすすめグッズをご紹介していきます。

持ち運びしやすい軽量コンパクト三脚

長時間待機するのに便利な軽量折りたたみチェア

カメラマン向け軽量コンパクト脚立

いかがでしたか?事前にネットで調べるのもいいですが、大切なのは生の情報なのでおもいきって知っている人に聞くのが一番だと思います。ポイントは「カメラガチ勢・地元民・警察官」に聞くこと。意外とみなさん喜んでお話してくれますよ!それでは今日はこのへんで。みなさん良き一日を!




\\ 初月無料キャンぺーン中 //

初月無料。一月あたりコーヒー1杯分の500円ですべてのバックナンバーを購読できます(100人に到達したら過去のバックナンバーは有料化予定)。

こんなことが書いてあります

  • フリーランスとして生き残る戦略
  • お金の稼ぎ方と資産運用
  • 働き方の違和感を解決する方法

ABOUTこの記事をかいた人

Yukiya Coo そのだゆきや

Photographer in Kyoto and Tokyo. Also work as licensed translator tour guide and weather forecaster. 海外のフォトエージェントとプロ契約し、東京と京都を中心に20以上の国と地域のクライアントを撮影中。ローカルやコミュニティの撮影・PR支援が専門分野 / 気象予報士 / 通訳案内士 / 1991年生まれ / 筑波大学地球学類卒業 /
About me